身体のコアとは? 体幹を鍛えるってどういう意味があるの?

「和の所作」ボディメイクサロン Refeel body 主宰の佐藤令歩です。

若い頃は「ちょっと太ったな」と思っても、少し鍛えれば元の体型に戻っていたのに、ここ最近はめっきり痩せにくくなってきた……そう感じている方にこそおすすめしたいのが、体幹(たいかん)のトレーニングです。

体幹とは、手、脚、頭を除いた胴体部分のこと。お腹周りをイメージする方が多いかもしれませんが、実は、腹筋だけを指すのではなく、背中や腰回りも含めた胴体を「体幹」と呼び、この部分を鍛えるトレーニング=体幹トレーニングなのです。

体幹トレーニングで太りにくい身体に!?

体幹部にある筋肉には、エネルギー燃焼力の高い赤筋(せっきん:赤筋と白筋についてはこちら)が多く存在しています。赤筋は、呼吸や血液循環、骨格や姿勢の維持のために働く、いわば基礎代謝をつかさどる筋肉のこと。

つまり、トレーニングで体幹部分を刺激すると、基礎代謝がグングン向上し、痩せやすい体に変わっていくというわけです。

以前と比べて痩せにくくなったと感じている人に、体幹トレーニングをおすすめするのは、こういうわけなのです。

コアを鍛えることで体の軸がしっかりして姿勢が良くなる

体幹の筋肉の中でも、コア(もっとも深層部にある筋肉)が鍛えられると、体の真ん中に一本の芯が通ったように安定し、軸がぶれなくなってきます。軸がしっかりすると、自然と背すじも伸び、綺麗な姿勢をキープできるようになります。

何となく背中が丸くなったり、反り腰になって立ち姿勢が美しくなくなってしまった、という方は過度な筋トレをする前に、まずは、本来は無意識に使えるはずのコアと体幹を意識的に使うトレーニングをすることが必要です。

スポーツのパフォーマンスを上げるためにも体幹トレーニングが重要。

トレーニングを行っている時、「どこに力を入れていいのかわからない」、「とにかく回数がこなせない」などと感じているならば、
そんな時は一旦、体幹を鍛えるトレーニングを行い、基礎体力をつけてからあらためてチャレンジしてみるのが近道。

実は、ここ数年、プロのアスリートたちも、スポーツのパフォーマンスを上げるために、体幹トレーニングを重視することが多くなっているのです。

いくら回数をこなしたとしても、正しいフォームで行えないトレーニングは、何回やっても大した効果は見込めません。私が提唱する「和の所作ボディメイキング」は日常の動作がすべてこの体幹を意識するので、姿勢を整えるためには実はとても効率の良い動きなのです。

Refeel body お問合せ

身体を動かす術(すべ)を知れば、日常がそのまま無理のないトレーニングになります。健康で美しい身体と身のこなしを長く続けたいあなたのお手伝いをさせてください。

"和の所作" ボディメイクサロン
Refeel body 主宰 佐藤 令歩 Sato Reiho

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です