インナーマッスルとは何か?

「和の所作」ボディメイクサロン Refeel body 主宰の佐藤令歩です。

ほっそりとした身体、美しい姿勢になりたいならインナーマッスルを鍛えるべし!

猫背、肩こり、腰痛、を何とかしたい!
ウエストをキュッと引き締めたい、くびれが欲しい、理想の身体を手に入れたい!

しかし、年々、体重も落ちにくいし、姿勢も悪くなってきちゃったと感じていませんか?

これって、仕方ない?!

腹筋運動してるのに...やんなっちゃう

いやいや、諦めないで、きちんと意識してトレーニングしていくことで改善されます。

さて、筋肉には、インナーマッスルとアウターマッスルがあります。

インナーマッスルとは、身体の骨に近い位置にある深層筋のことで

おもに身体を安定させる役割があります。

そして、アウターマッスルは、身体の表層にある筋肉で、おもに関節を動かす役割があります。

そうそう、みんなが憧れる割れた腹筋、シックスパックはアウターマッスルですね。

でも、美しい姿勢は、インナーマッスルが重要なんですよ

たとえば、

お家で言うと、家を支えている大黒柱がインナーマッスルで、家の周りの壁が、

アウターマッスルですね。

大黒柱が細くて、ぐらぐらしていたら、壁がいくら立派で素敵でも、

いつの間にか家が、ペチャンコに倒れてしまう気がしませんか?

しかし,大黒柱が強く安定していれば、家はぐらつくことなく地面にしっかりと立っていますよね

そして、

ね、まっすぐ立っていると、壁も美しく、家すべてが素敵でしょ!

身体も同じ、インナーマッスルが弱いと重力にも負けてしまい、姿勢が崩れて

不調になってしまうのです。

最近、特に猫背や、肩こり、腰痛、お腹ポッコリが気になってきたと感じている方は、

表面の筋肉を鍛えなきゃと意識するのではなく、身体の奥の筋肉インナーマッスルを

意識して欲しいんです。

しかし、目に見えないインナーマッスル...わかりづらいですよね。

そうなんですよ...

私の、インナーマッスルどこにあるの~って

インナーマッスルは、身体の深い位置にあり、意識しづらいのですが、

そこを意識して鍛えることによって身体の軸が安定し強くなり、

その結果美しい姿勢、動きやすい身体を手に入れることができるのです。

でも、わかりずらいのにどうやって意識すればいいの?

それはですね、まず、「正しい姿勢で立つ」を意識してみることです。

「正しい姿勢で立つ」ことは、鏡をみて身体の真っ直ぐを、とにかく、何度も何度も確認して脳と体に再教育することが大事なんです。

そして、意識しなくとも正しい姿勢で立てるようになると身体が安定して、

あれ、いつの間にか肩こりが、、こってない?!

腰が辛くない?!ってことになるんですよ

そして、身体がほっそり、しかも動きやすい!

そうなったら、うれしいですね。

今私がお伝えしている和の所作では

基本の立ち方、正座、歩くなどの立ち居振る舞いすべて、インナーマッスルをより意識して

身体全体の筋肉を連動させることを大切にしています

そのため姿勢も美しく、動きも流れるように、身体の奥深い細かい筋肉が鍛えられていくんです

実は、健康で美しい姿勢を身につけるためには、インナーマッスルを鍛えることが

必要なんです。

Refeel body お問合せ

身体を動かす術(すべ)を知れば、日常がそのまま無理のないトレーニングになります。健康で美しい身体と身のこなしを長く続けたいあなたのお手伝いをさせてください。

"和の所作" ボディメイクサロン
Refeel body 主宰 佐藤 令歩 Sato Reiho

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です